戯言彗星の如し

ようこそ夢のステージへ★

#私の現場ノート がわたしに合ってるなと感じた件

 

先日、こんな素敵な記事をお見かけしまして。

 

maru06.hatenablog.com

 

現場ノート、いいなー、楽しそうだなー面白そうだなー、昔めちゃくちゃ集めたはいいけど今は引き出しの中で転がってるマステも使えるし、ここ一年で数が増え続ける万年筆でがりがり書くいい機会にもなるし、いいなー、でもこういうのって何一つ続かないんだよなはてなブログしかりなー、、、とかなんとか考えつつええーい便乗しちゃえ☆☆☆☆と思って始めました、現場ノート

で、それから一か月足らず。まだ一か月足らずですけど笑、めっちゃ自分に合ってるなーと感じてます。って話です。

 

まずはわたしの現場ノート、ご紹介。

 

 

使用しているのはこのノート。

 

ミドリ MDノート<新書> 方眼罫

ミドリ MDノート<新書> 方眼罫

 

 

 書き心地に理由があることでおなじみ(?)MDノート。どんな筆記具でも書きやすい。方眼なのでいろんなことに使いやすい。まっしろな表紙なのでマスキングテープを貼り貼り。

 

こんなかんじ。

f:id:commmet:20171005203808j:plain

出、出~!!自ユニカラーでデコ奴~~~~!!

家に転がってるマステを探したら、たまたまいい感じのがあった。黄色と赤の方眼はメーカー違うっぽいんだけどサイズ感ほぼ一緒っていう奇跡だよ。それにMDノート純正の透明カバーかけてます。

f:id:commmet:20171005205551j:plain

 

インデックスも貼ってる。書き始めたのが8月観劇分からなので中途半端…。インデックスがぴろぴろしてるの嫌だな思ってたんですけど、これは何ミリかしかない控えめなタイプ。キラキラの拍タイプなのもおしゃれ。表面にしか印刷されてないのがちょっと難点…。

 

中身はこんな感じ。

f:id:commmet:20171005204353j:plain

GACHI行き過ぎか

毎月ここが埋まるくらい観に行けたら幸せだな。金ほしい~~~~!

 

本文(?)ページはとくにとりとめもない感想を書くこと以外に決まりはありません。ノールール。もちろんタイトルは書く。w

 

f:id:commmet:20171005211114j:plain

 

感想は出演者ごとに書いたり、曲ごとに書いたり、それぞれ。思ったことをつらつら書いてると止まらなくなって10ページ超えなんてこともあり。w

 

f:id:commmet:20171005211141j:plain

ちなみにSHOCKは計17P使った

f:id:commmet:20171005211144j:plain

このマステイカすぜ~~!!!

デコるのも楽しいんですよね~!SHOCKはニューヨークの街並みに満天の星空といったイメージです

 

f:id:commmet:20171005211131j:plain

f:id:commmet:20171005211135j:plain

 

Follow meは宇宙(宇宙Six!!!!!!!)と赤(全体的なイメージカラーみたいな)、とかね。

 

 

それぞれの終わりのページにはチケット貼ってます。とはいえ直接貼るのは抵抗があるので透明な袋を張り付けてその中にチケットをin。

 

f:id:commmet:20171005211157j:plain

 

こうすればチケットに傷がつかないし、なにかあったときはチケットを取り出してみることができる。なにより、複数枚のチケットを1ページで管理できるのが魅力だなーと思ってます。1公演1ページとかで書ければいいんだけど通う現場だとそうもいかないので。GACHIのチケット6枚*1も1ページに☆このページだけめっちゃ重い☆夏の思い出だね、最高だ~!

 

f:id:commmet:20171005211204j:plain

 

幕見の切符とかは貼っちゃってますけど。

 

 

で、書き始めて思ったこと。この現場ノート、わたしに合ってる!ということ。

最初は一公演2ページくらいで収まる簡単な感想が書ければいいな~なんて思ってたんですがところがどっこい、書き始めてみたらまあ長文。自分でもびっくりするくらい長文。や、はてなブログに書けよ!って思ったんだけどたぶんはてなブログじゃここまで長文にかけないんですよね。同じ文章だとしてもたぶん1か月くらいかかってしまう。

そもそもツイッターはてブロに感想を書くのが苦手なわたしが(なんでSNSやってるんだよって話になってくるよな!!)ノートには感想が書けるのか?と考えてみたんですが、たぶん人に見られてないからなんですよね。あくまで自分が読めればいいから。ツイッターはてブロも自己満でやってはいますが、公開してるものである以上どうしても面白さとかちゃんとしてるかとか考えてしまうとあんまり書けなくなってしまうところがあって。ノートだとそれがなくて完全に自分の世界だから、思ったことをつらつらかけるのかなぁ、とか。もはや脳直ノート。

で、脳直ノート(名前変わっとるがな)、書くとめっちゃ気持ちいいです。書いてる時、脳内麻薬が出てるんですかね?とにかく気持ちがいい。思ったことを吐き出せるのってまじで気持ちがいい。自分が書いた感想ってそりゃ自分の中からでてきたものなのでこの世で一番同意できる感想なんですよね。気持ちがいい。こりゃ~いい習慣だぞって感じです。

 

それと、現場を消費しないでよくなる、と感じるのも始めてよかったなと思うことのひとつです。

社会人になって、転職して、よりたくさんの現場に行けるようになったけれどその分現場を消費してるなぁと感じることが多くて。毎年年末にその年行った現場を振り返ったりしてたんですが、去年とうとうそれができなかったんです。いろんなところに行けた反面、思い出すのに一苦労…って公演もあったり。せっかくとったチケットを消費してしまっているなぁと感じていたんですね。

現場ノートをつければ、(あくまでわたしにとっては)ツイッターより簡単に振り返れてはてブロより直観的に思い出を残しておける。たぶん、あとで読み返しても楽しい。これわたしに合ってるんじゃ?と思ってる次第です。

 

 

 

飽き性、どれだけ続けられるのかわからんですが、とりあえず1年は続けたいな~。

書いた感想をたまにははてブロにもあげたい。あはは。おそまつさまでした。

 

 

*1:1枚どっか行った…………。