戯言彗星の如し

ようこそ夢のステージへ★

ジャニオタ史上最高の夏 〜最高だ〜〜〜〜!!!!〜

 


2017年8月11日、わたしは通っている声楽教室の小さい発表会を終え、打ち上げでハイボールを一杯飲み、開始1時間足らずでもう帰るの!?とびっくりされながら磯丸水産を後にして、電車に揺られていた。向かうは日比谷・シアタークリエ。せっかくの機会なのだから打ち上げも参加したかったしすごく迷ったけど、愛するアイドルの晴れ舞台の初日に行かない選択肢はやっぱりなかった。なんとなくふわふわしていたのはだいたいアルコールのせいだがきっとそれだけではない。譲っていただく方と待ち合わせをしチケットを頂き、やっぱりアルコールのせいでイエェーーーーーイ↑↑↑↑!!!!!!!!って感じで滑り込んだ劇場で数分後、わたしはありえないほど笑ってありえないほど泣くことになる……………


と、いうわけで!!!!


GACHI 〜全力 Entertainment 4U〜

 

最高だ〜〜〜〜〜〜〜!!!!
という話をします。

 

 

 


いや最高でしたね。最高じゃんか。えっ最高でしたよね?(聞くな

わたしは最高だと思いました(作文)。待ちに待った自ユニ・ふぉ〜ゆ〜の原案さらには主演舞台。発表されてからクリエに行く機会が何度かありましたが*1このステージにふぉ〜ゆ〜のパフォーマンスのために作られたセットが組んであったらどうなるんだろう、それだけでやっべえんじゃねーかな、ってぼんやり思ってました。ジャニーズ銀座という枠でコンサートをするふぉ〜ゆ〜は見ていますが、ジャニーズ銀座ってみんな同じセットじゃないですか。そうじゃなくて彼らのために作られたステージで踊るのってやばいんだろうなって。

 


実際ヤバかった。超泣いた。照明ついた瞬間に泣いた。OVERTUREで電飾に紫の*2光が走った瞬間にさらにびっくりするくらい号泣した。wwwあっこれ自ユニのためだけにあるやつ…ずっと見たかったやつ…って。初日はそっから周りの人に引かれてないか心配になるくらいずっと泣いてましたよね。最初のTo Xで黒スーツで出てきてs**t kingsが振り付けしたやべーダンスを最高にクールに踊っててそうだよこういうのが見たかったんですよ!!って泣いて、
(余談だけどなんていうか多分だいぶフラストレーションも溜まってたんだろうなと思うwだってどれだけ4人で踊るふぉ〜ゆ〜を見てないのかって…いや縁のだんない節とか23階の最後のアレとか音楽番組でのバックとかいろいろあったけどさ…)


もちろん主役なので全編前で踊ってるのかと思ったらシネマ・イタリアーノではタータンさんを引き立てるTHE★職人Jr.なところ(大好物)を見せられて興奮しすぎて泣いて、A.RI.GA.TimesからYou Raise Me Upの流れは言わずもがな。そっからの脚本上ではふぉ〜ゆ〜のショーのパートは…言葉にならないので頭が痛くなるほど泣きました。GACHIはめっちゃ楽しくてくだらなくてハッピーなショーですが、そのハッピーさがまたふぉ〜ゆ〜らしくて感情があふれすぎてしまいました。あ、松崎くんが福ちゃんのヒーローなのもかっこよすぎて泣いたわ。
(初日の話したら泣いた話ばかりになってしまいましたがGACHIはほんとに楽しい舞台だよ!ほんとに!)

 

 


GACHIは、ずっとこういうのが見てみたい!と思ってたものそのものでした。

わたしのオタク活動の中でふぉ〜ゆ〜の比重がだんだん大きくなってきたのが2012年ごろ。その年のタキツバの全国ツアーは前年に引き続きふぉ〜ゆ〜が帯同していたので地方公演も観に行ったんです。そのときのJr.コーナー*3は1曲披露とかじゃなくてちょっと面白いストーリーがある(内容については5年前のことなので正直記憶が曖昧ですが)ダンス、みたいな感じで。それがとっても面白いし素敵で、この人たちが考えて表現することはきっともっと面白いし、もっと見てみたいな〜と思ったのが今思えばこんなに執拗に追っかけ回すようになったきっかけの一つなんですね。

 


で、GACHIを見たときに、もう、ビビビッッッッ!!!ってきました。わたしが見たかったのこれ!ずっとずっとこれが見たかったんだ!って。彼らも言っていますが、GACHIはふぉ〜ゆ〜の頭の中にあったショー。歌とダンスとお芝居と笑いが融合したオンリーワンなショー。まさにこれ。見たかったのこれ。素敵な世界でした。今日までふぉ〜ゆ〜を見続けてきてよかった。応援してきてよかった。こんなに素敵なショーを見せてくれるなんてマジ感謝。最高かよ。そう思って泣いてたら舞台上で自担が最高だ〜!連発してた。担タレかよ。最高だ〜〜〜〜!

 

 

 

こんなに素敵な気持ちにさせてくれるふぉ〜ゆ〜、最高だ。改めて思いました。松崎くん最高だな〜!!!何度も観に行っているはずなのに、知っていたはずなのに、こんなに美しい人だったなんて知らなかったよ。なんかもう最高だよ。最高だな。最高がゲシュタルト崩壊してる。福ちゃんも。辰巳くんも。越岡さんも。最高だな〜ふぉ〜ゆ〜最高だよ。そりゃそうそうたるスタッフのみなさんも東宝もふぉ〜ゆ〜のこと推すよ。愛情をいっぱい受けて誇らしげに花を咲かせてたよ。*4


最高なふぉ〜ゆ〜を観ている時間が一番幸せだって、こんな素敵な彼らのファンをしている自分は世界一幸せだって、アホかもしれないけど大真面目にそう思った夏でした。約11年半のジャニオタ人生の中で今が一番楽しくて幸せ。

 

 

 

思ったことをウワッと叩きつけたら壮大な自分語りみたいになってしまいましたがもっともっとふぉ〜ゆ〜が最高だってこと、タータンさんが素敵だったこと、梨菜ちゃんとめいちゃんがめっちゃくちゃかわいかったこと、、、などなど書きたいから本編感想も書く。たぶん。
地方も楽しみ♡そして最後に叫ばせてくれ!

 

 

 


最高だ〜〜〜〜!!!!

 

 

 

*1:ジャニーズ銀座

*2:松崎担だからさw

*3:地方だけでドーム公演のときはなかった

*4:TVfanのJr.企画でお馴染みライターの関亜沙美さんが2014年ジャニーズ銀座の記事(たしかTVぴあの記事かな?)でつけてくれた見出し”愛情をいっぱい受けて誇らしげに咲く4輪の花”から引用しました。本当にその通りなんだよなぁ。関さん大好きなので関さんの文章量多めなGACHIの記事出ないかな〜!

Happy TWENTYth Birthday

自担がハタチになりまして。

 

 

 

 

20

 

 

 

 

…………無駄に頑張りました。ここまでお読みいただいたみなさま、ありがとうございます。あなたも直也くんのお誕生日をお祝いしましょう。そしてこっからはただただ重たいおたくの勝手な祝詞です。

 

 

 

さてさて。時の流れは早いもので。DKの担当やりたい♡って思い立って直也くんに降りて早3年ちょっと、直也くんもとうとうご成人です。お酒も飲めちゃうのかぁ。なんか不思議な感じだなぁ。

 

わたしはジャニオタ10年以上やっててなかなか一目ぼれはしないのですが、ひとりだけ一目ぼれをした男がいます。それが石田直也くん。忘れもしない2013年6月9日、たまっていた録画を消化するためにジャニーズJr.ランドを見ていたわたし。ラッピングの回のジャニーズJr.ランドです。MCの茂木さんが初登場のメンバーの紹介をして、トランペットを吹きながら登場した彼が、ひとこと自己紹介をした瞬間―……

 

ずっきゅーーーーーーーん!!!!!

 

って電流が走りました。比喩ではありません。マジです。ビビッときたって言葉あるじゃないですか。二人きりになれば僕に走る電流♪って歌う歌あるじゃないですか*1。マジなんだなって思いました。めちゃくちゃかわいかったんです。声も顔も話し方も身振り手振りも赤色が好きって言ってたところもラッピングのセンスもなにもかも。なにもかも素晴らしかったんです。当時ジャニオタ8年生、後にも先にもこんな経験はありませんでした。その夜、わたしは熱を出して寝込みました。その布団の中で熱にうなされながらひたすら「石田直也」と検索していました。ここまですべて実話です。

 

 

そんななれそめ()はどうでもいいんですけど笑、そんなことがあってからもうだいぶたつのかぁなんて。ビビッときたところから降りるまで、惰性なんじゃないかと思うこともありましたが、あの時の電流は間違っていなかったんだなと約3年間直也くんを見てきて何度もそう思わされています。

 

 

真面目なのにちょっとぶっ飛んでるところ、大好きです。旅行やハワイや海外、好きなことのためには全力で勉強できるし、真面目さや情熱が突き抜けて飛行機乗りまくって見てるこっちが引くほど海外旅行しちゃうところ。飛行機が好きすぎて番組で泣くほど再現してしまうところ。クレイジーだね。自分で足も宿もとって現地の人と交流して、それを魅力と情熱たっぷりな文章で私たちに伝えてくれるところ。わたしにはとてもできないので尊敬しています。

 

ずっと顔がかわいいところ。これはね、もうね、ずっとかわいいんです。そしてだんだんかっこよくなってくるんです。変わっていくあなたの姿どんな形よりも愛しいんです。愛のかたまりです。

 

どんな立ち位置でも観客を楽しませてくれるところ。ダンスもトランペットも全力。ダンス、言葉を選ばなければへたっぴ!でもいつだって全力で、見ていて気持ちがいいほど全力。トランペットやピアノを弾いていても踊ったり、ポーズ決めたり。どんなに端っこにいても誰よりも大きく動くし、はけるときも見えなくなるまで客席を盛り上げようとしてくれる。最高のエンターテイナーです。

 

 

10代の直也くんには、そんなに会いに行けたわけではないけど、見るたびに素敵な気持ちにしていただきました。最高の自担です。

20代もきっとそうなのでしょう。直也くんがひたむきに前向きに全力で生きている限りずっと最高です。

 

 

さて、前回の記事で自ユニイメージ万年筆について書きました。

commmet.hatenablog.com

 

もう何を言いたいかおわかりでしょうか。はい。直也くんのイメージ万年筆もあります。笑

 

f:id:commmet:20170415231038j:plain

(ちょっと前に書いたやつなのでこんな文章になっていますw*2

 

 

詳細は省きますが(何日か前にTwitterでつぶやいてるYO!)

軸はセーラーの透明感シリーズ「レクル」

インクはインクスタンドで作ったオリジナルインクです。直也くんのトランペットの色=銀をイメージしたグレーのインクにBlooming Pinkという素敵な名前のピンク色をちょい足ししています。

 

 

このイメージ万年筆は、全体として直也くんのまっすぐさと可能性をイメージしています。ペン芯まで透明な「透明感シリーズ」を選んだのはそういう理由です。直也くんはまだ若いし、世界中飛び回っていろんな体験をしている様子を見ていると、可能性にあふれた純粋な少年のように感じます。これからどんな色にもなれる。沢山の可能性がある。ピュアな直也くんにはまさに「透明感」という言葉がぴったり。

 

想いを自由に書き表してくれる万年筆のように……とはあまりうまくないたとえですがw、直也くんが綴る物語をこれからも見ていたいです。どんなおとなになるんだろう?楽しみです。そして、可能性が花咲く瞬間を、できれば見ていたいなぁ。

 

 

 

 

という、またしてもキモオタ全開になっちまいましたがw、直也くんの20歳の誕生日によせて。

明日の運動会、20歳初直也くん、見られるかしら笑

本当に本当におめでとうございます。すてきな一年になりますように。

 

*1:Inazuma☆Venusです

*2:今日、もう20歳だよ!に変えようとしたらなぜかペン先が曲がっててめっちゃショック。。。早急に直しに行きます。。。

自ユニイメージ万年筆を作ってみたver1.0-#ジャニヲタと文房具

 

 

昨年、万年筆沼の浅瀬に立ちました。

 

もともと文房具は好きだし何かを収集するのも好きで、ちょっと気になるんだよな~とつぶやいたら沼の先輩(ジャニオタの友人です)にあれよあれよと引きずり込まれ(その節はありがとうございます!!笑)、現在に至ります。

 

 

万年筆の魅力は書き味ももちろんですが数多あるペンやインクを組み合わせて世界にひとつだけのペンを作り出すことができること、そしてペンにもインクにも名前がついていること、です。思わず太字にするほどこの要素は本当にめちゃくちゃやばいです。オタクごころをがっちりつかんで離さない。やばい。めちゃくちゃほんとにスーパーやばい。だって、青って色があるとして、それは青なんだけど、ひとつとして同じ青はないんですよ?色がちがければ名前も違う、、、それにこめられたストーリーを感じてしまって、、、ほんとうに、、、やばいんすよ、、、語彙力がないのはご勘弁。。。。

 

そして、オタクですから、やっちまいますよね。

 

 

 

イメージ万年筆。

 

 

 

というわけで、自ユニであるふぉ~ゆ~のみなさんをイメージして、万年筆とインクを組み合わせてみました。

語彙力少な目でお送りします。

 

 

 

まずはメインビジュアル。

 

f:id:commmet:20170402224901j:plain

 

どん。

左から、

 

①福田くん

②辰巳くん

③越岡くん

④松崎くん

 

です。同じ沼の住人の方は見てわかると思うのですが、全部超お手頃プライスです…これ揃えてる時期ちょうど絶賛観劇ウィークだった*1のでお金がなかったんす。。。でも、全部めちゃくちゃこだわって選んだし、この後ご紹介しますが学生さんでも買えちゃうくらいの金額で楽しめるんですよ、万年筆って。そういう感じでお読みいただけたらなと。

 

 

①福田くん

 

福ちゃんのイメージ万年筆、テーマは抜群の親しみやすさと安定感。そして、万年筆でも一番タイプ♡www実際、一番使いやすいし一番使ってます。

書き味見本はこんな感じ。

f:id:commmet:20170402225928j:plain

 

(今後こういう写メが毎回ついてきます。なるべく色が再現できるように調整してますがあんま伝わってないかも。。。書いてあるのは今までクリエとかで歌ってきた曲の中でその人っぽいな~って思った歌詞。字が汚いのはご愛敬!)

 

軸:プラチナ万年筆 プレジール ブラック

 

プラチナ萬年筆 プレジール万年筆 中字 ブラック PGB1000#1-3

プラチナ萬年筆 プレジール万年筆 中字 ブラック PGB1000#1-3

 

 

写真見てお分かりの通り、他の方々の軸はメンバーカラーになったんですが福ちゃんはど~しても黒軸のイメージ。なんだかんだ一番スタンダードで一番かっこいい黒軸です。そして、大好きなプレジール。この万年筆、なんと1000円というスーパーお手頃価格。なのに抜群の書き心地*2、一年放置してもインクが乾かない特殊な構造の蓋*3、傷つきにくいパール加工が施されていたり、、、と超ハイスペック。ハイパーイケメンでみんな大好き(あるるさんの周りでの脅威のリア恋率)なのに下町育ちの親しみやすさがあって、後輩たちにも名前を挙げられるほどダンスが上手な福ちゃんっぽいなぁと思います。

 

 

ニブ*4:M(中字)

 

特にプレジールはインクフローが良好で*5めちゃくちゃ存在感があって、、、福ちゃんのダンスをイメージしてニブはMにしました。

 

 

インク:ダイアミン ドゥラメールグリーン

 

 

軸は黒ならインクは緑だなーと決めていて、でも緑ってものすごい種類があってこれがまた全部素敵で。どれにしようか迷ってたら福ちゃんが大好きな『Kissからはじまるミステリー』が浮かんできて、ドゥラメール=海ってワードが入ってるこれにしました。ちょっと青みがかった深ーい緑。ひょうひょうとしてるのにどっか闇があるようなw、海のように深い魅力がある福ちゃんっぽいですよね。

 

 

わたし福ちゃんのことなんだと思ってるんだって感じなんですけどとにかく好きなんですよね。タイプなの。結婚してほしい。だから、一番タイプ♡で使いやすい♡プレジールなんです。安いからとかじゃないよ。

 

 

 

②辰巳くん

 

テーマは辰巳の鮮血で物語を綴る。見本はこちら。

f:id:commmet:20170402224906j:plain

 

 
軸:PILOT プレラ イエロー

 

万年筆 プレラ 中字【イエロー】 FPR3SRYM
 

 

軸が短くて軽く機動性に優れているところが辰巳くんっぽいなぁと思ってます。フットワーク軽くて、先輩後輩問わず仲良くなってるようなイメージ。4人の中ではちょっと背が低いともいう。w実際にプレラは軽いです。ショートサイズなので、手帳とかにも合いそう(わたしは使ってないけど)。色はメンバーカラー…ってのもあるけど、明るくてどこにいても目立つ色がいいなぁと思って選びました。辰巳くんってどこにいても目を引きません?光ってるというか。わたしの中では、ふぉ~ゆ~の中で一番華がある人だなぁと思うので。

 

 

ニブ:M(中字) 

 

万年筆のレビューをされているブログでお見かけした、「楷書をぎっちり書くのに向いている」ってワードで辰巳だ~~~~!!めっちゃ辰巳だ~~~~~!!!!って思いました。辰巳くんのダンスって見ているこちらに物語を全部伝えてくれる、まるで文庫本を読んでいるような気持ちになることがあるんですよね*6。曲やダンスがもっている物語を丁寧に伝えてくれる表現力がある。そしてそれがめっちゃ細かい。ついでに言うと演技のセリフもトークもWebでの文章もいろいろきっちり伝えてくれる。行書でしゅしゅしゅ~ってよりも楷書でぎっちり書いてある。こじつけでしょうか。笑 PILOTのニブって細めできっちりしてるイメージで、でも細字って感じじゃないかなと思ったのでM。

 

 

インク:ダイアミン ブリリアントレッド

 

 

辰巳くんってスゲー熱いじゃないですか。ニブのところで散々語った物語を自らの情熱で綴るっていう、そう、血ですよ。情熱といえば血。そして最初のテーマに戻ります。自らの血でもって物語を綴る生命力の赤です。たしか赤好きなんだよね。たしか。赤もまたいろんな赤があったけど、ブリリアント=輝いた赤にしました。実際は書き味見本の写メよりもっとオレンジっぽい赤です。Amazonリンク先の色見本が近い感じ。

 

 

余談ですがイメージ万年筆を作ろうと思った当初、わたしの構想では軸の色とインクの色が逆でした。*7それを姉に話したら絶対逆だよ!!って力説されて、結果こんな感じに。なので、ほぼ姉が考えたようなものです。笑

 

 

 

③越岡くん

 

テーマはスタイリッシュ&クール&ラグジュアリー。見本はこちら。

f:id:commmet:20170403004756j:plain

 

 

 

軸:PILOT カヴァリエ 赤

 

 

カヴァリエの最大の特徴は超細身!とにかく細い!超スタイリッシュな万年筆。トラヴィスからのあだ名がModel(と書いてマロと読む)な越岡さんにピッタリですね。カラーが深い赤、黒、そして金なのが高級感にあふれています。まさにセレブな越岡さんにはピッタリですね。とにかく高貴でかっこいい、シュッとした感じにしたかった。実際もとても上品な感じのする万年筆なんです。

 

 

ニブ:F(細字)

 

越岡さん、手足長くて線が美しいダンスをしますよね。*8越岡さんのダンスはFニブだな~と。他の方々もですが、ニブはだいぶダンスのイメージで選びがち。先述のとおりPILOTのFニブはほんとに細字!って感じで、とても美しい線が書けます。この記事を書くにあたって改めて観察したらニブまでシュッとしてる…めっちゃかっこいいっすね!笑

 

 

インク:ダイアミン プレジデンシャルブルー

 

 

プレジデンシャル=大統領=セレブ…………じゃなくてw、冷たい感じがするくらい冴えてる青がいいなぁと思って選びました。越岡さんってたまにめっちゃ温度感なくてヒッ!ってなるときあるじゃないですか。*9そういうところが好きなのでそんな感じ。あと、わたしは越岡さんのWebの文章がめちゃくちゃ好きで、頭が良い人なんだなぁと思ってるのでそういうイメージもあります。名前で選んだわけではないけどとても高級感があってこれまた上品な青なので、こういう色の衣装を着たら似合うんだろうなぁとも思います。たしか越岡さん自身も青好きなんだよね。辰巳くんに続いて意図せず好きな色シリーズになってます。笑

 

 

 

ちなみにちなみに、ちょっと書きづらい*10ので今は洗浄してお休み中です。こんだけ語っといてすんません。。。こしおみたいに一筋縄じゃないかないかわいいペンなの……。このままじゃもったいないのでペンクリニック*11に持っていきたいやつ。

 

 

 

④松崎くん

 

 

テーマは異質な存在感。そしてとにかく紫。見本はこちら

f:id:commmet:20170402225921j:plain

 

 

軸:LAMY サファリ ライラック(2016年限定カラー)

 

 

松崎くんといえばとにかく紫!加えて個人的なイメージで黒!*12この軸はメインカラーが紫なのはもちろんクリップ部分やニブまで黒くなっていて、全体が紫と黒で統一されています。地元の文具屋さんに置いてあるのを見た瞬間松崎くんだ…!ってなって、この軸があったからこそイメージ万年筆づくりを始めたようなものです。万年筆はつやがあるような素材が多い中、これは樹脂素材でできていてマットな材質。わたしは松崎くんの存在感しかなくてとにかく存在感しかない、どこにいてもいい意味で異質な感じが好きで、マットなボディがそれを体現していると思って選びました。長さもわりとあるのでそこも松崎くんっぽい。

 

 
ニブ:EF(極細)

 

松崎くんって爆発的お笑いキャラ*13なくせに(?)ダンスはとても綺麗かつ繊細な感じがするんです。そしてメンバーや光一くんからガラスハートと称される繊細で優しい心の持ち主。*14なのでEF=極細。っつっても太めな海外産ニブ、これも例にもれずそこまで細くないんですよね。。。どっちかっていうと太め好きなのであんま気にしてないけど。そんなちょっと残念?なところもいいのかなぁ~!w

 

 

インク:ダイアミン アメージングアメジスト

 

 

冒頭に書いた通りわたしが思う万年筆の魅力ってインクとペンの組み合わせをいくらでも作れるところで、だから軸とインクの色ってあんま揃えたいと思わないんですね。だけど松崎くんはとにかく紫なので、紫の軸から紫のインクがでることにとにかくこだわりました。結果、ほんとに同じ色が出てくる、みたいな感じに。アメージングアメジスト、名前が言葉あそびみたいで面白いし、アメージング=びっくりっていう、まさに予定調和一切なしの松崎くんっぽいなぁと思っています。Amazing!!

 

 

というかサファリのライラックってAmazonでめっちゃ高くなってますね。ニブによって違うみたいだけどびっくり。定価4000円くらいですたしか。在庫あればまだ文房具屋さんで買えるんじゃないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

オタクによるオタクの持ち物自慢(笑)、いかがだったでしょうか。

 

イメージ万年筆、考えるのがほんと~に楽しくて、万年筆を通してその人の素敵なところを沢山発見できるような気がして本当に楽しいです。偶然にも(嘘です)(狙ってます)先日4月1日はそんな素敵なふぉ~ゆ~の結成日♡6周年おめでとうございます♡お祝いにこの記事を♡笑

 

 

ちなみに、タイトルをver1.0したのはいつかニューバージョンを作りたいから。もうちょっと高級なやつで揃えてみたいし、まだまだ違う色の組み合わせでも表現できるかもしれない。あと、ひとりひとりじゃなくてユニットとしてのイメージの万年筆ももう構想はある*15んですが…なんせお金がなくて。10周年くらいまでにはそういう素敵なお値段のものも買える自分になっていたいな~なんて思います。もちろん現場も通いつつ!!

 

 

 

 

 

どうでしょうジャニオタそして文房具好きな皆さま。響いたでしょう。なんつって。皆さんもぜひ!万年筆とインクの世界へ!!\(^o^)/そしてわたしとインクの交換をしましょう!!*16

 



4/5 追記︰万年筆とインクは本来同じメーカーのものを使うように推奨されています(実際、違うメーカーの組み合わせを使用した場合の故障はメーカー保証外になったりします)。このブログのように違うメーカーの組み合わせで使う際は自己責任でお願いします。

 

 


*1:23階の笑い

*2:個人の感想。ぬるぬる、ぬらぬら系が好きなら好きだと思う

*3:スリップシール機構というらしい。万年筆は放置してるとインクが乾くので、本来は一か月に一度はメンテナンスが必要(してるとは言ってない)。

*4:ペン先のこと

*5:インクがどばーって出てくるんだということです

*6:姉へ。引用させてもらいました。

*7:っていうかセーラー万年筆のStoriaっていうインクの黄色がSpotlightって名前で、これまた辰巳っぽいなと思って使いたかったんす

*8:って姉が言ってた(ごめんねこっしー)

*9:主に…じたんに対して…。

*10:もちろん個人の感想。カリカリ感が好きな人は好きかも。わたしはぬるぬるが好きなので…。

*11:専門家の方々が万年筆の調整をしてくれる催し

*12:黒髪が好きなんすよ

*13:出典いつかのPZDVDの特典映像

*14:書いてて自分でもすげー気持ち悪いなと思うんだけど自担フィルターなんだ許してくれ…。

*15:実はもうインクは買ってあるw揃えられたまた更新しますきっと。

*16:ここまで書いといて、自分がいるのは万年筆というよりインク沼なのかもしれないw持ってるのは圧倒的にインク>軸。

#ジャニヲタ遠征必需品

こういうのずっと書いてみたかった~。今年は思いのほか早く遠征する機会がありそうなので、メモ代わりに。

 

 

 

乱雑なジャニオタの所業が見たいのなら御覧、これが……遠征の見本!!!!!(にならない)

 

 

シチュエーション 

昨年の10月、『縁~むかしなじみ~』を観に名古屋に行ったときのもちもの。泊数は1泊2日、移動手段は往復ともに新幹線。超余談ですがこの観劇旅行のあと中1日挟んで社員旅行があったのでほぼこのもちもののまま行きました。双眼鏡は置いてった。笑

 

 

リュックの中身

 

f:id:commmet:20161010004757j:plain

 

 ①リュックサック

 二コラとかに掲載されてるようなやつらしい。若いの買っちまったぜ。意外と容量あります。一応多少の悪天候でも使えるように、合皮っぽい素材。トートバッグやキャリーバッグを使うこともありますが今回は現地で歩き回りたかったのと観劇前にホテルに寄って荷物を預けられなかったので、なるべく身軽に動けるリュックをチョイスしました。

 

②着替え

できればワンピースとかで荷物を減らしたいものです。このときは2日間同じズボンはいてたかな…。寝間着も持っていきます。浴衣でもいいんだけど、いつの間にかはだけてるのが夏以外は心配だし。

 

③圧縮袋

使ってみたけどあんまり役立った感はなし。寒い時期でセーターとか持ってたら役立つかも?

 

 

f:id:commmet:20161010005845j:plain

 

 

④お風呂セット

シャンプーも石鹸も必ず持っていきます。決まったメーカーのものしか使わないので。このときは石鹸じゃなくてボディーソープだな。普段は石鹸で顔も身体も洗いますが、ネット持っていくのがめんどくさいんで1日だけだし泡で出てくるボディーソープに頼りがち。w

ピンクの容器にはゆず油が入っています。

ゆず油 無添加ヘアオイル 60mL

ゆず油 無添加ヘアオイル 60mL

 

 髪の毛さらさらにするやつ。ドライヤーする前にひと塗りするとマジでさらさらだし、朝ひと塗りでマジでガチでさらさらです。無添加のゆずの香りはマジでいい匂いです。マジで。

 

⑤タオル

主に移動中の快眠目的。テンションが上がるのでだいたいコンサートグッズです。最近買ってないな~。これは滝翼ふたり旅のやつ。

 

アイマスク、耳栓

これも安眠目的。普段から寝るときはこれ+マスク。特に耳栓はないと眠れない!見当たらないと焦って探すくらいマスト。ダイソーに売ってる6セット入りのものが一番フィットします。びっくりするくらい眠れるので、みなさんぜひやってみてね!アイマスクは友達がお土産でくれたひらパー兄さんでおま。

 

➆歯磨きセット

汚いからお見せできませんが…これもホテルの備え付けがあっても持っていくなぁ。

 

 

f:id:commmet:20161010005105j:plain

 

 

⑧化粧ポーチ

SWIMMERのポーチ。かわいいでしょ~?ピンクとか赤とかいちごとか大好き~♡化粧品はすべてシナリー。前述のシャンプー類も含め、化粧品は9割このブランドです。母が販売員をしていたというのと、ほかの化粧品のにおいが苦手なので…。肌荒れもほとんどないのでおすすめです~!黒いのは筆とかスポンジとかが入ってるやつ。

ビオレのふくだけコットンは、上記のとおりなのでクレンジングも普段はシナリーなんですが持ち歩くのが面倒なのと時間短縮のために旅行先ではこれを使っています。普段の生活でも酔っぱらって顔洗うのめんどくさいときとかに使っちゃう。w

 

 

サブバッグの中身

 

 

f:id:commmet:20161010010317j:plain

 

 

⑨サブバッグ

肩からもかけられるし手持ちもできるやつ。このときは手持ちしてたかな?

 

⑩観劇用メガネ

いつもかけてるのは視力0.9くらいに矯正するものですが、これは1.2程度まで矯正するもの。メガネ屋さんで最高に見えやすくなるものをとリクエストしたら、コンサートですか?と聞かれて(勝手に)恥ずかしい思いをしながら作った思い出の品です。フレームは赤と紫のマーブル模様みたいな感じで、視界に入りすぎないように半透明のものを採用。幕間とかにかけたままトイレ行こうとするとくらくらするくらい無理やり矯正されるようになっています。w

 

⑪双眼鏡

こちら。

Vixen 双眼鏡 アトレックIIシリーズ アトレックIIHR8×25WP 14721-2

Vixen 双眼鏡 アトレックIIシリーズ アトレックIIHR8×25WP 14721-2

 

LOVE☆高級双眼鏡!おととしの秋SHOCKのときに思い切って2万円台に手を出してみました。今までは高くても8000円台のものを使っていましたが、も~~~~ほんとに視界が違う!! めっちゃクリア!!これは販売員さんに演劇で使うので明るく見えるものがいいんですよね…ってリクエストしたら、演劇だったらスポットライト当たってるところを見るんですよね?って聞かれて、自担にスポットライトが当たるとは限らないし…暗転してるところも…とは言えず暗い舞台なのでとかなんとか言って選んでもらった覚えがあります。防振もほしいけど、今のところこれでいいかな。クリエでもドームでもはっきり見えるので。

 

⑫財布

かばんをちっちゃくしよう計画(いつまでかかるのかは聞かない約束)なので、世間の波に逆らって2つ折。

 

⑬ポーチ(オトカ用)

最&高な女児ゲーム『オトカ♡ドール』で遊ぶためのカードがぎっちりつまったポーチです。

www.konami.jp

おおよそ女児ゲーとは思えないようなクオリティの高すぎる楽曲!水彩画タッチのかわいい女の子たちがフルCGでゴリゴリ動く!手の込みまくった設定&ストーリー(?)!そしてそしてかわいすぎるキャラクターたち!みんなもやってみてね~!

現地での目的地周辺に筐体があるとの情報をつかんでチャンスがあらばやりたいと思ってしこんでおいたんですが結局名古屋ではプレイしなかったな。というよりは仕事行く時も常に持ちあるいてるんだった。えへ~☆

 

⑭はっぴポーチ

この旅の目的だった『縁~むかしなじみ~』で販売されていたグッズ。とりあえず持ち歩きたい小物はだいたいこれに。出してあるのは鏡とくしとデンタルフロス(なんでデンタルフロス出してたんだろ…)ですが、あとはリップ類とか女子の日用のあれそれとか。見た目の割に大容量で気に入ってます。もう一つ買えばよかったかな〜。

 

 

その他番号ふってない小物にiPod nano、モバイルバッテリー、ミンティア、鍵、などなど。

 

 

 

f:id:commmet:20161010010013j:plain

(ミスって⑭がふたつあります…。)

 

 

⑭ピンクのふくろ

カバンの中が大事故になるので、ファイルとか紙類とかなんでも入れておける袋。だいたいA5サイズ。財布小さくしてから入り切らなくなった会員カード類も一緒に入ってます。

 

⑮手帳

1日ずつ小さなスペースが付いていて日記が書ける仕様。だけど2ヶ月くらいサボってます。

 

⑯ファイル

紙とかチケットの版権とかステフォとかをとりあえず入れておく用。とりあえずのはずなんだけど……(お察しください)

 

⑰ノートとペン類

観劇中のメモもらくがきも雑多に一冊に。数年前のものからとっておいてるんですが読み返すと楽しい。このときは無印のB6再生紙無地のものでしたが(恥ずかしげもなく自ユニを彷彿とさせるスタンプが押してあるのがミソ)、今はカキモリで作ったオーダーノート。*1なんにせよ、無地(絵を描きたいから)でB6サイズ(鞄にいれやすい)で表紙が硬い(膝の上など不安定な体制でも書けるように)という3点にこだわっています。

 

ペン類はボールペン、シャーペン、細字筆ペン。シャーペンには写真にもある通り水色の芯が入っています。絵を描くのが好きな人ならああ~って思ってくれるかもしれないw筆ペンはこれまた絵を描くとき用。ボールペンは何でも使う用。笑

 

⑱チケットファイル

主に見終えた半券を入れています。歌舞伎座のお土産売り場で買った歌舞伎仕様のスヌーピー

 

⑯~⑱はだいたいピンクのふくろに格納されています。

 

 

 

以上です。

わりとちょうどいい感じだったので、これくらいコンパクトに毎回行きたいですね。もっとすごいからね…いつも…荷物少なくした~い!早く遠征した~~~い!!

*1:ちなみに仕様はB6サイズで無地のフールス紙を最大量。この写真を撮った1か月後に万年筆沼の浅瀬に立つことになり、万年筆で書きやすい紙を選びました。表紙は裏も表も赤のものを選んだのだけどどういう紙の名前なのか忘れた。

野望

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

HAPPY NEW YEAR 2017!!

今年もよろしくお願いします!

前回の更新が304日前の人が言うことでもないけど、今年もよろしくお願いします!

 

大事なことなので2回言いました。昨年も周りの方々に支えられた一年でした。今年もなにとぞ、よしなに。。。というわけで久しぶりにはてなブログを書いてみます。一年の計は元旦にあり、とも言いますし。レッドスターほしいし。使い道ないけど。2017年にやりたいこと、もとい、野望願望です。ヒウィゴー。

 

 

 

自愛する・きちんと病院に行きたい

 

しょっぱなからどんな話題やねん、という話ですが。ここからしたためる野望を叶えるためには身体が資本ですもの。

 

病弱というわけではありません。むしろその逆。いたって健康体で風邪もめったにひかない。健康に育ててくれた親には感謝してもしきれません。がしかし、そのおかげで大の病院嫌い。生活に支障をきたすようにならない限り病院には行かないし、それでいいと思ってました。

 

けどね、思い返したらメンテナンスしなきゃいけないところがいっぱいあって。生まれたときからこじらせてる鼻炎、アトピー。1年ちょっと前まで働いてたくせに医者にかかったのは学生のころでもうぼろぼろなはずの歯。その他、定期健診などなど。。。病院行きたくないから目をつぶってただけでお医者さんのお世話になったほうがいいところが意外とあるんですよ。最近じゃ病院行く暇あるなら舞台行くわ!って感じだったし。

病院行くってだけじゃなくて食生活も。去年転職しておかげさまで身体も楽になり、職場の周りには大好きな日高屋松屋があって毎日牛丼かラーメンを食べていたせいか、太りました。風呂入った後に体重量っても、あれ!?減ってねえじゃん!?っていう笑

 

だから、2017年はちゃんと自分をいたわれるようにしないと。この先どっかでガクッと身体壊すのも嫌だし。実際、ちょっとずつ”何もしなくても大丈夫”な時代は終わりを迎えてるなって感じてるんですよ。制服キツいし。去年は二回も風邪ひいて声つぶしちゃったし。さらに健康になりたいです。現場厨、いつも風邪をひくわけにはいかない笑

 

 

 

声楽を習いたい

 

これはもう何年か言ってることだけど!今年こそマジでやってやる!何ならもう動いてます。探してます。教室。

 

去年の前半、ジャニオタ合唱部や高校の合唱部の定期演奏会など歌わせてもらう機会がけっこうあって、やっぱり歌っていいなあって思ったわけです。それが後半はなかなか時間が取れず*1、もうしばらく歌ってなくてこのまんまじゃまずいなー、とか。先述のとおり声をつぶしてしまったこともあって、どんどん歌えなくなるんじゃ…って。趣味程度にしかやってない人間が何言ってんだって話ではあるんですけど笑

 

そんな折、「The レビュー カーテンコールをもう一度」という舞台を観に行きまして。中尾ミエさん、金井克子さん、そして我らが前田美波里さまのレヴューショー。今年の現場はじめ何にしようかな~って探してて楽しそうだからチケットとってみました。そしたらね、最初の曲で歌いだした御三人方がまぁ~~~それはそれは、まばゆくて神々しいほどに美しくて。3人あわせて200歳、あえて言わせてもらうとそんくらいまあまあご高齢なはずなのにまるでそんな風には見えず、なによりも張りがあって脂ののった声が、、声が!!美しいなんて言葉では言い表せないパワーと、、あとなんだろうとにかくすごくて涙が出てきました。楽しいシーンなのにね。

そして舞台を観終えたあとに思ったこと。

 

「わたしも歌いたい!」

「もっと歌いたい!」

「一生歌い続けたい!!」

 

すっかり影響されてます。笑 完全にあこがれました。わたしもああなりたい。一生歌っていたい。そのためにはやっぱりちゃんと習わなきゃ、このままだときっと喉をやってしまう……というわけで今年こそ、マジで、ガチでやってやろう!と奮起しています。とりあえずの目標は、高校のころ歌った「献呈」をもう一度歌えるようになりたい。いつになるかわかんないけど~笑

 

 

 

ミュージカルが観たい

 

↑のことに絡めて。カーテンコール観に行って、まだまだ知らない素敵な曲があるんだな~って思ったので。できれば生で観に行きたいけどそうもいかないこともあるだろうから映画とかから攻めていきたいなぁ。この世界生きることはエンターテイメント♪♪♪(影響されすぎ

 

 

 
20歳の直也くんを応援したい

 

こっからオタク事パートw今年は愛すべき自担(若いほう笑)石田直也くんがご成人される年。高校生Jrの担当になりたい!って思って降りてから3年…早いものですね、もう大人になっちゃうなんて。そんな下心から始まった石田担の人生ですが、大人になったって直也くんは直也くんなので。ますますのご活躍をお祈りしつつ、可能な範囲で*2観に行きたいと思います。いつも一生懸命な直也くんを応援しているよ!君をサポートしたい♪

とりあえず、いつまであのショタみが残るのかはすごく気になる。大人の男になるのはいつなの!?なったらさみしすぎるけど!!笑

 

 

 

ふぉ~ゆ~のコンサートに行きたい

 

これはもうやりたいことってかできたらいいな~ってことだけどwでも本気で思っています!もちろん舞台も大好きだけど!行きたい!今年こそ!ふぉ~ゆ~のコンサートに!行きた~い!!!

 

去年はお芝居をする自担(おっさ…お兄さんのほう笑)松崎くんを好きになれた年でした。今まで嫌いだったわけではなく、でも、だからといって正直そこまですっごい好きってわけでもなかったんです。だって踊ってるところが一番好きだから。まじでぶっちゃけた話するとそんなに上手だなとも思えなかったし。それより踊ってくれよと思うこともありました。

そんな最低でエゴ丸出しおたくのわたしでしたが、今年の2本の主演舞台ではそれが見事に大好き!に変わりました。縁でも、23階の笑いでも、松崎くんのセリフの弾丸に撃ち抜かれたような気持ちになったとでも言いましょうか。めちゃくちゃ心が動かされてしまって、すごいな…素敵だな…この先もっといろんなお芝居に出ていくところが見たいなぁって、初めて心の底から本気で思ったわけです。おせーよというツッコミは置いとけw

そして松崎くんだけじゃなくてふぉ~ゆ~全体として、舞台に立つ姿がもっともっと好きになったわけで。縁の名古屋公演、役として生きる姿がまぶしすぎて、ずっと涙が止まらなくて。豪華な衣装を着て色とりどりのスポットライトの下でマイク持ってるのだけが輝くことではなくて、彼らが全力で生きる舞台ならどこでもまぶしすぎるくらい素敵なものだな、と、強く感じました。

絶対にCDデビューしなきゃ嫌だ!このまま舞台中心だけだなんて絶対反対!!って思ってたけど、彼らが全力で輝くならどこだって見てみたい。ストプレだってコントだってミュージカルだって。

 

 

っていうのがめちゃくちゃ長い前置きで。いや全部ほんとに思ったことだけどさ。やっぱりコンサート見たいですよね~~~~!!アイドルしてるところ、見たいですよね~~~~~!!23階の最後、歌の時間を設けてくれましたけど、あんなんじゃ足りないですよね~~~~~!!豪華な衣装を着て色とりどりのスポットライトの下でマイク持って歌って踊ってるところが見たいですよね~~~~~!!!見たいよね~~~~~!!見せろ~~~~~~~~~~~~!!!!

いやここまで書いといてそれ言うって我ながら性悪だと思いますけど、やっぱり踊ってるところが好きなんですよ。踊ってほしいんですよ。自分たち発信の、自分たちで作った、自分たちの土台である歌とダンスでアイドルやってるところが見たいんですよね。まだどしゃぶり(略)も生で聞いてないしね。ふぉ~ゆ~は役者としても素敵だけどアイドルとしても素敵だし、やっぱりはじめはそこを好きになったわけだから。

それにやっぱり、2013年に一度中止になったものをぜひ公演してほしいって気持ちがあります。あのときからずっと。まだずっともやもやが終わらない気がして。クリエじゃなくて、ふぉ~ゆ~の名前がついたコンサートがいいな。こんな書き方してしまったけれどもちろん、彼らだってやりたいんだろうなっていうのはわかります。コンサートやりたいって発信してくれるたび、うれしい気持ちになります。だからぜひ。事務所。頼むよ。

 

CDTVのFeeling Me Softlyできれいにそろったターンをしたふぉ~ゆ~を見て今年はいい年になるなと感じたので、本当になるといいなぁ。こういうのはめちゃくちゃおこがましいけれど、彼らと一緒にいい年にしていけたらいいなぁと思います。コンサートがだめならレビューショーでもいいよ(影響されすぎ

 

 

 

 

というわけでした。

あとは、もう少しちゃんと、はてなブログを書きたいです。

ちゃんちゃん。

*1:現場行きすぎたのもあり

*2:予想ができない&興味のある現場にあんまりいないから長期の舞台じゃないとあんま行けないんだけど…Rはもう対象年齢じゃないしなぁw

たしかに初日だった

早いものでもう3月。わたしが愛してやまない舞台「Endless SHOCK」もあっという間に前半を駆け抜け、残すところあと一ヶ月を切っています。

3月。

福ちゃんと松崎くん、初日おめでとうございました!

いや、その前に!辰巳くんとこっしー、千秋楽おめでとうございました!

そもそも!Endless SHOCK 2016初日おめでとうございました!

書かなすぎてお祝いが一気にやって来ます。


と、いうわけでして。

ワタクシは去る3月2日、帝国劇場まで行ってまいりました。3月最初の公演、福ちゃんと松崎くんの初日。

 

行ってみて思ったこと。


たしかに初日だった。


Endless SHOCKは2月4日から今年の公演をスタートしているわけで、その日はいわゆる中日。真ん中もいいところ。福ちゃんと松崎くんは今日から、とはいえそれ以外のキャストの方々にとってはもうすぐ折り返しかな?ってくらいの日程なわけです。


けれどもこの日は何か違った。

「今日から3月。気持ちも新たに頑張ります」という光一くんの挨拶から始まったこの日のSHOCK。

あとから登場した福ちゃんと松崎くんは相変わらず素敵なダンスで魅せてくれるけど、どこか力が入っていた。ふたりにとっては今日が初日だものね。新鮮な気持ちで2人を見ることができて嬉しい!今日入れてよかった!とチケ運の神様に何度目かわからない感謝をしはじめたところで物語は進んでいって、ふと気づく。


なんかちがう!

今年のSHOCK自体はもう3度目の観劇なのに、何か違う。

福ちゃんと松崎くんだけじゃなくて光一くんもやらっちもライバルチームのみんなも、まるで初めて見るみたい。


そうか、今日は初日なんだ。

きっとカンパニーにとっても今日はもう一つの初日なんだ。

それに気づくと、何か違うの答え合わせがどんどんできる。

会場の空気。なんかそわそわしてる。わたし。そりゃ、愛する自担の初日なので余計にそうなんだけど、この先の展開は知ってるはずだしマイ初日でもなんでもないのにお腹も痛いし*1ずっとドキドキしっぱなし。そうかあみんな初日なんだ。みんなにとってのもう一つの初日。

「本日初日」の札なんて立ってないのにたしかに初日だった。不思議な感覚。


「カンパニーが何か違う」の答え合わせは、カーテンコールで答え合わせができました。

ふぉ〜ゆ〜の2人が変わることによって、また違う人生を生きてきたカンパニーになった、と言っていた光一くん。そうか、そもそも、今日のカンパニーは3日前までのカンパニーじゃなかったんだなぁ。パラレルワールドのような二つの人生を生きるカンパニー、これからの観劇で掘り下げていくのがとても楽しみです。

 

ここから少し話は変わって。

そう言われるとたしかに、もうタツミとコシオカはそこにいなかったなぁと思い、とても寂しくなったのも事実。*2こんなにも3月が見たかったのに矛盾してると思いつつ、仕方ないよね!辰巳くんとこっしーも素晴らしくて、どちらがいいだなんて言えません。選べません。


相棒としてしっかりと背中をあずけあっているような印象だったタツミとコシオカ。

一方でフクダとマツザキは、俺たち相棒!バディ!って感じはそこまでしなかったのだけどたしかにふたりでそこにいて、なんか、双子みたいだったなぁ。

ただ、当の福ちゃんと松崎くんがたいそう緊張されていたようなのでw、次見に行くときにはどんなふたりになっているのか楽しみです。緊張から解き放たれたふたりが見たいなぁ~笑

 

何が言いたいかというと、やっぱり、初日っていいものですね。
最後まで毛がなく…じゃない!怪我なく!楽しく!千秋楽まで突っ走れるように祈っております。

 

Show must go on!

 

*1:本当に腹痛に襲われました。原因はおそらく幕間に丸亀で食べすぎたこと。実は2月に観劇したときも腹痛に襲われて、二幕後半の記憶がない…ここ最近の悩みです。もう観劇前に大食いしない笑

*2:そしてカーテンコールで出てきた辰巳くんとこっしーも、とても寂しそうでした

思わずグッときてしまうプロデューサーの言葉13選

ジャニーズワールド全73公演、お疲れさまでした!

自担である石田直也くんも元気に千秋楽を終えたようで…本当にお疲れさまでした。わたしが見に行ったのはたった2公演ですが、とても楽しい時間でした。素敵な光景をありがとう!

今回はそんな自担・石田直也くんのかわいいところ100選♡……ではなく。プロデューサーのセリフについて語らせてください。プロデューサーの言葉、グッときますよね。ってかプロデューサーの言葉ってジャニーの遺言言葉だよね。聞いてるとなぜか目頭が熱くなるんです。

と、いうわけで!

思わずグッときてしまうプロデューサーの言葉13選

です。ヒウィゴー。

 

(※メモはとりましたが正確ではありません)

(※最後に観劇したのは1か月前くらいなのでいろいろあいまいです)

(※今回のプロデューサーは内くんということで、重篤なSHOCK厨はついつい関連付けて見てしまっています。フミキュン*1状態です。その点ご理解いただいた上で読み飛ばしていただければと。すんません。)

 

 

①「続けろ、続けることに意味がある、何事もなかったかのようにショーを続けるんだ」

まさにSHOW MUST GO ON…。ジャニーズに脈々と受け継がれている精神。「続けることに意味がある」、って所謂ベテランJr.担をしているとついつい考えちゃう言葉ですよね。続けることに意味がある、かぁ~。

 

②「一分一秒も飽きさせない」

…これプロデューサーじゃなくて京本くんのセリフなんですが入れさせてください。ジャニワもそうだしジャニーズ舞台っておもちゃ箱のようにいろんなパフォーマンスがぼんぼん飛び出す華やかさが特徴ですが、そういう精神で作ってるんだなぁと思いました。

 

③「日常では決して見ることのできない華やかな世界、それを作り出すのが俺の使命なんだ」

おじいちゃんしなないでえええええ( ;∀;)

 

④「狂っていて何が悪い」

そーだ!狂っていて何が悪い!おじいちゃんがその精神で狂った舞台を生み出し続けてくれたおかげでこの素晴らしいジャニーズ文化があると思います!

そのあとの戸塚くんのセリフ、狂気の人こそが真実だ、っていうのも、すごく好きです。

 

⑤「理解しようとするな感じるんだ。作ろうとしている世界を体全体で感じるんだ。その興奮を観客に投げかけろ」

初演からあるセリフだと思うけど後半部分はぶっちゃけ忘れてたので今回聞いてドキッとした。「その興奮を観客に投げかけろ」ってワードチョイスにドキッとするし、投げかけられてるんだなと思うとこちらも興奮しません?ぞくぞく。「投げかける」って表現が演者と観客の間になにも介さない舞台らしくてグッときます。

 

⑥「見たことのある風景に意味はない」
⑦「新しい世界を作る」

何度も繰り返しになりますがこういう精神でこのトンチキ舞台が作られてるのだと思うとただのトンチキ舞台だとは思えなくなります。

 

⑧「無理だ、できない、そんな言葉は聞きたくない!」

これぞザ・ジャニーイズム。「そんな言葉は聞きたくない」ってすごく強い拒絶に感じます。この事務所ではできないと言ったらもう淘汰されてくだけで、だからこそなんにでも挑戦できる強い心を持った子たちが生き残って上へ向かっていくんだろうなぁ。帝劇で若いときから大きな舞台を任されていた座長さんたちとか、そうなんじゃないかな、と思います。

個人的にも、何をする時にも大切にしたいセリフだなと。よくココオレするので心に強く刻んでおきたい。

 

⑨「悲劇によって初めて人間の強さや優しさを知る」

戦争のシーンの演出変更をしてよりつらくて悲しいシーンにしていった真理だと思いました。話はそれるけど本当に悲しくて辛い状況だったらこういう悲劇をネタにしたエンターテイメントも描けないと思うので、強くて優しいひとがつくっていく平和って尊いなって思います。

 

⑩「これで人を殺めることも仲間を救うこともできる、お前ならどう使う?」

って言って健人に本物の刀を渡す内P…ってどんなSHOCKオマージュだよおおお( ;∀;)

 

⑪「人間諦めたらダメだ、自分ができると信じれば、大抵のことはできるものなんだよ!」

内Pが小さいこどもに向けて言うセリフ。ジャニーから若い世代へのメッセージなのかなーと思いました。そして、⑧の「無理だ、できない、そんな言葉は聞きたくない!」の真意ってこれなのかな。そして、自分ができると信じるから、誰も見たことがない華やかなショーを作り出すことができる。

 

⑫「俺の使命はこの荒れ果てた地球をショーで飾ること!」

おじいちゃんしなないでええええええ( ;∀;)(二度目)

 

⑬「未来を感じることができなければ人は生きていくことができない、夢がないからだ」

SHOCK、DREAM BOYS…ジャニーが手掛ける舞台で夢を追う男の姿を描き続ける理由がこのセリフにつまっている気がします。夢は人が生きていく理由、道しるべ。それを描き続けるジャニーズのアイドルたち。夢、って、それほど大きなものなのかぁ。

 

 

 といった具合です。いかがだったでしょうか。セリフが壮大すぎてなんともチンケなコメントです。

なんやかんやあった今日このごろですが、トンチキでもなんでも、ジャニーズが好きだなぁと思います。ジャニーさんの考え方が好きなのかもしれない。おじいちゃんいつまでも長生きしてね!今日のジャニワMステも素晴らしかったです。

 

次のショーの幕が開くまで…おやすみなさい。

↑もうすぐそこだよ!一週間しないでEndless SHOCKがはじまるよ\(^o^)/ 

*1:郁人くんは今回のジャニワについて、「SHOCKのウチがコウイチの意志を継いで作ったショー」だと思ってるらしい。ジャニオタすばらしいね!